クラウドソーシングに実務経験はどれくらい必要?未経験や経験浅い初心者が案件を獲得できる?

最終更新:2020.01.30

クラウドソーシングに実務経験はどれくらい必要?

クラウドソーシングで複業やフリーランスとしてお金を稼いでみたいけれど、やりたい仕事の実務経験はどれくらいあれば受注できるのか?あるいは実務経験が無いけれど、チャレンジすることはできるのか?気になりますよね。

私が実務経験約半年でフリーランスのWebデザイナーになったとき、大きく助けられたのがクラウドソーシングです。

経験が浅かったり、あまり無い人でも、スキルが高ければ、生活できるレベルの収入を十分得られる、ある意味フェアな環境がクラウドソーシングと言えます。

コンペ、タスクは実務経験が問われないことがほとんど

一般的なクラウドソーシングの案件にはコンペ形式、タスク形式、プロジェクト形式があり、コンペ形式は一般から広く提案を募るタイプの案件なので、実務経験が無くとも、当選するレベルのクオリティがあれば応募しても全く問題ありません。

また、タスク形式の案件も要件を満たした作業やデータを送信することができる人であれば、誰でも応募が可能です。

クラウドソーシングのクラウドは「群衆」という意味で、群衆に広く提案を募って仕事をしてもらうというコンセプトのサービスなので、門戸が広く開かれています。

プロジェクト形式案件に実務経験はどれくらい必要?

クラウドソーシングに掲載されているプロジェクト形式の案件は玉石混交で、まとまった収入になるハイレベルな数十万円〜数百万円規模の大型案件から、数千円程度の激安案件まで幅広いです。

そのうち大型案件は実務経験豊富なフリーランスが応募に何十人と殺到するため、実務未経験者や経験の浅いフリーランスは案件にありつけないことが多いです。

しかし、一般的な仕事の相場より割安な低価格帯の案件であれば、実務経験豊富なフリーランスが敬遠するため、数人しか応募が来ないことがあります。

こういった割安な案件であれば、スキルを持った実務未経験者や、実務経験が以前の私のように半年や一年など浅い人でも、仕事受注のチャンスが十分あります。

最初は低価格な案件で経験を積み、次第に狙う単価を上げてみる

低価格帯の案件は、確かに割にあわない金額であることが多いのですが、確実に自分のスキルアップと実務経験、ポートフォリオになっていきます。

それらを実績として引き下げ、もう少し上の中価格帯の案件にチャレンジすることもいずれは可能となり、収入も安定しアップすることが狙えます。

たとえ低価格帯の案件でも、しっかりと責任を持って高品質な成果物を納品していくことが信頼につながります。

案件のジャンル別の実務経験の必要性

ライティングは未経験者歓迎案件が多い

ライティングは単価にもよりますが、実務未経験者歓迎案件の割合が多いです。

フリーライターとしてクラウドソーシング上で活動している人の多くは、実務未経験から始めた人が多いです。

しっかりとした日本語の、的確で丁寧なライティングを心がけることで、継続的に仕事をもらえる確率が高まってきます。

Webデザイン・グラフィックデザインは、ポートフォリオやサンプルのクオリティ次第

Webデザインやグラフィックデザインといった、デザイナー向けプロジェクト案件の獲得のしやすさは、ポートフォリオ(自分の作品集)や自作のサンプルデザインのクオリティに大きく左右されます。

自分の作品のクオリティが高ければ高いほど、実務経験や実績が少なくても、受注できる確率が飛躍的に高まります。

また、Webデザインやグラフィックデザインのコンペ案件も腕試しとしておすすめです。

数万円以上のコンペで連続当選する実力がつく頃には、はしっかりとした一定のスキルが身についていると言えるでしょう。

コーディング・システム開発は実務経験は浅くとも、しっかりとしたスキルが必要

コーディングや小さめのシステム開発(プログラミング)案件の受注には、実務経験がたとえ浅くとも、実務に必要な幅広い知識を取り揃えていることと、しっかりとした開発スキルが必要となります。

コーディング案件をせっかく受注しても、納期を大幅に遅延してしまったり、作製したシステムに深刻な不具合がある場合など、最悪のケースでは損害賠償請求などに進展してしまう可能性があります。

しっかりとしたスキルと、受注した仕事をちゃんとやりきる責任感が重要となってきます。

実務未経験OK案件のあるフリーランス向けエージェントサービス

フリーランス向けの案件紹介エージェントサービスは、基本的に数年の実務経験がある人に向けたサービスであることが多いですが、掲載されている案件の中には、実務未経験やロースキルフリーランスのためのお仕事も一部存在します。

クラウドソーシングと並行して、こういったエージェントを活用してみるのも良いでしょう。

クラウドテック

クラウドテック公式サイトのスクリーンショット

画像引用元:クラウドテック

クラウドテックは大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」が運営するフリーランス向け常駐・リモート案件紹介エージェントサービスです。

クラウドテックのWebサイト上に、「未経験OK特集」のコーナーが存在しており、実務未経験者向けの案件が数件掲載されていました。

一般的な案件に比べると単価は低めですが、まとまった稼働をすることで月額固定報酬が獲得でき、生活が安定しそうです。

クラウドテックの公式サイトを見る

3スタ

3スタ公式サイトのスクリーンショット

フリーランスのWeb制作者(デザイナー、ディレクター、コーダー等)向けのリモートワークや週3日稼働など自由な働き方ができる案件を取り扱っている「3スタ」というフリーランスエージェントでは、実務経験2年未満OKの案件一覧のページがあります。

そのページを見ると、月額単価は一般的な案件よりは低価格ですが、実務未経験可の案件が数件掲載されていました。

3スタ | 実務経験2年未満OKの案件一覧

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連する記事

Workship(ワークシップ)はリモートワークや週1〜3日程度の稼働で参画可能な柔軟な案件が豊富!

会員数10000人以上!時給2000〜4000円程度が多く副業にもおすすめ!