【実体験】フリーランスがモチベーションを保つ方法【やる気が出ない&怠ける】

最終更新:2019.09.02

フリーランスのWebデザイナーとして2年半ほど活動してきましたが、フリーランスになった当初はモチベーションの維持に苦労しました。今までどうやってモチベーションを上げたり、集中力を高めたりしてきたのかまとめてみました。

コワーキングスペースやシェアオフィスで作業する

フリーランスになった当初は自宅で作業をやっていましたが、自宅には布団や様々な誘惑があり、集中が途切れてしまうことがありました。思い切ってコワーキングスペース・シェアオフィスを借りて、そこで作業することで、より作業に集中できるようになりました。

コワーキングスペース・シェアオフィスは、布団やベッドなど怠けるための環境が無いのはもちろんのこと、周りの人がみんな作業に集中しているので、「自分も頑張らねば」と思えるのがポイントです。

現在長野県のコワーキングスペース「アルゴット戸倉」を拠点に仕事をしています。また、東京や千葉へ行った際にも、よくコワーキングスペースを1日利用で使っています。

コワーキングスペースは敷居が高い…と思いがちですが、1日利用歓迎の場所が多く、カフェ感覚で気軽に利用することができます。電源やWIFIがほぼ必ず用意されており、何時間作業しても迷惑にならないのでおすすめです。

ポモドーロ・テクニックを実践する

ポモドーロ・テクニックとは、キッチンタイマーやスマホのタイマーを使用して行うテクニックです。通常25分間の作業に集中する時間と5分間の休憩時間を繰り返し、4セットごとに30分間の大休憩をはさみます。

適度に一定の間隔で休憩を挟むことで、集中が続きすぎて疲労してしまい、長時間休憩を取ってしまう…といった事態を防ぐことができます。

私は25分&5分のペースにこだわらず、自分にあったペースにカスタマイズしてポモドーロ・テクニックを取り入れたことがあり、ただ漠然と作業するよりも進捗が捗りました。

1日の作業時間目標・売上目標をPCの壁紙にする

PCのデスクトップ壁紙は風景写真や自分が好きなもの、デフォルト画像などに設定されている方が多いと思いますが、1日の作業時間や1ヶ月の売上目標など、達成しなければいけないことを書いた壁紙画像を画像ソフト等で作成し、壁紙に設定するのも効果がありました。

やる気が途切れかかって怠けてしまいそうな時に、壁紙が目に入ることで、思いとどまることができます。

好きな食べ物/飲み物でテンションを上げる

一度作業を始めてしまえば、苦にならないのに、作業になかなか取り掛かれない、、そんな時は、自分の好きな食べ物や飲み物を食べて/飲んでテンションを上げ、またヘッドホンでテンションの上がる音楽を聞きながら勢いで作業に取り掛かります。

一度作業に取りかかれば、比較的作業を続けるのは容易だと思います。

自分の興味のあるジャンルの案件を選ぶ

そもそも仕事内容をモチベーションが維持しやすいものに限定してしまう。といった手もあります。仕事のモチベーションが上がらないのは、仕事内容が自分にあったものでない、自分が興味の持てるものでない、という原因の場合もあります。

受注する前の段階で、「この仕事は自分のやる気が上がりそうか?」を考慮して受注に至るようにしており、あまりにもそれとかけ離れた仕事は、低品質なアウトプットとなってしまい、お客様に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、辞退するといった場合もあります。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連する記事

Workship(ワークシップ)はリモートワークや週1〜3日程度の稼働で参画可能な柔軟な案件が豊富!

会員数10000人以上!時給2000〜4000円程度が多く副業にもおすすめ!