【実例でわかる】副業でポータルサイト運営をやってみた。どれくらい稼げる?

最終更新:2019.09.02

趣味を活かしたポータルサイト運営

フリーランスのWebデザイナーとして活動している中、自分のサイトも運営してみたい!と思い立ち、自分の好きな分野である「建築関係の情報サイト」と街並み写真に特化した写真素材サイトがあったら良いと思い、「街並み風景写真素材サイト」を2016年11月頃に立ち上げました。

最初は収益目的ではなかったのですが、「建築関係の情報サイト」の方は、アクセス数が伸びてきたため、広告を貼ってみました。また、「街並み風景写真素材サイト」の方は高解像度な写真を少額ですが有料化し、収益化を試みました。

運営から1年、その結果は…

サイト運営開始から1年強で、「建築関係の情報サイト」の方は月間十数万ページビューのアクセスがあるサイトに成長し、広告収入も数万円毎月入金されるようになりました。これは自分でも予想外で、建築分野は競合が少なく、新参サイトが特別な対策をしなくても参入できる余地があったのだと思います。

しかし、「街並み風景写真素材サイト」の方は一向にアクセスが伸びず、写真素材会員の購入者も累計1人のまま…何がいけなかったのかというと、写真素材サイトは老舗の競合が多く、新参サイトでは太刀打ちできなかったというのが理由だと思っています。

写真素材サイトは「写真」がコンテンツなので、競合との差別化がしにくく、長文のコンテンツも作りづらいため、競合との競争に勝てませんでした…

多くのサイトを作っては放置…

実は上記の2つのサイト以外にも沢山のサイトを公開してはいるのですが、更新モチベーションが維持できず、放置しているサイトが沢山あります。

「コワーキングスペースまとめサイト」「地域の情報サイト」「海外向け日本観光情報サイト」「フリーランスノウハウブログ」など幾多のブログ・サイトを公開しては放置してきました…

趣味や興味のある分野のサイト運営は強い

個人的な意見ですが、ブログ・サイトを運営するのであれば、自分の好きな分野・興味がある分野で、できれば競合が弱い分野だと初心者の方は運営を続けやすいと思います。

また、いわゆる雑記ブログを運営し、ジャンルにこだわらず記事を更新していくのも良いと思います。

【実体験】特化ブログのジャンルのおすすめの決め方・絞り方

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連する記事

Workship(ワークシップ)はリモートワークや週1〜3日程度の稼働で参画可能な柔軟な案件が豊富!

会員数10000人以上!時給2000〜4000円程度が多く副業にもおすすめ!