ランサーズでWebデザイン初心者が案件を獲得するには?クラウドソーシングを活用して経験を積もう

最終更新:2019.09.04

ランサーズはWebデザイン初級者にも門戸が開かれた懐の広いサービス

大手クラウドソーシングサイト(ランサーズ)は、クライアント企業にとっては、制作会社に依頼するよりも低価格でWebデザインやHTML/CSSコーディングを依頼できるメリットがあります。

ワーカーにとっては、フリーランス向けエージェントを活用したり、ポートフォリオサイトを作って直接クライアント企業から仕事の受注を目指すよりも気軽に、仕事の受注を目指すことができるサービスだと思います。

一定以上のスキルが無いと、ランサーズでWebデザイン案件を受注してもクライアントを満足させられない可能性が

しかし、Webデザイン未経験に近い初心者が、無理に受注をすると、スキル不足でクライアント企業の満足行く品質を実現できず、ひんしゅくを買い低評価が付き、その後のランサーズでの受注が難しくなってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があります。

Webデザイン初心者・初級者におすすめなのは、MENTAというメンターを自分に有料でつけることができるサービスを活用し、WebデザインやHTML/CSSコーディングのオンライン個人家庭教師を月額数千円程度〜でつけて、学習を進めつつ、メンターが納得できる実力がついてからランサーズでの受注を目指し、提案する方法です。

MENTAでWebデザインについてのメンターをさがす

MENTAでクラウドソーシングについてのメンターをさがす

Webデザイン初心者がランサーズで制作案件を受注するステップ

最低限のWebデザイン・コーディングスキルを身につける

Webデザインの入門書や、HTML/CSSのコーディングの入門書は、有料なだけあって一定の品質があり、実務でのWebデザインやコーディングに必要な知識を体系的に覚えることができます。

また、デザイン力を向上させる上で重要なのは、どれだけ最近のWebデザインの事例を知っているか?です。

有名企業のWebサイトを分析・研究してみたり、MUUUUU.ORGや、IO3000.comなど、良質なWebデザイン事例が多数掲載されているサイトを覗いてみて、どんなデザインが最近用いられているかを分析してみましょう。

ランサーズ上でも有効な、良質なポートフォリオサイトを作ろう

学習の総仕上げとして、ハイクオリティなデザインかつ、しっかりと自分でコーディングした、ポートフォリオサイトを制作するのがおすすめです。

ポートフォリオサイトには自己紹介や、提供できるサービスの強み・特徴、価格設定、実績やサンプルサイトなどを設け、クライアント企業にわかりやすくWeb上でプレゼンするようなコンテンツ構成にしましょう。

ポートフォリオサイトのクオリティが高いことが、実績が少ない時期の受注につながったことが何度もありました。

コンペも含めて、提案の数をこなす

ランサーズを利用して間もない時期は、ランサーズ上での実績も少なく、なかなか受注に繋がりづらいです。

前述のポートフォリオサイトのクオリティが高ければ、それでも受注につながることがあると思いますが、難しい場合は、実力を高めるために、コンペ案件に応募し、デザイン案やコーディングデータをクライアント企業に送信してみるのがおすすめです。

プロジェクト型の提案も数をこなしましょう。プロジェクト型では、実績も実力もまだまだなあなたをプロのデザイナーを押しのけて選ばせるメリットが必要です。

デザイン力が非常に高かったり、安いわりにわかりやすいデザインが提案できたり、有益なコンテンツ構成を追加提案するなど、一工夫が必要です。

価格や条件を徐々に良くしていく

ランサーズを利用しはじめて間もない頃は、低価格で受注するのもまずは実績を作る上でおすすめです。

実績がたまり、実力がついてきたと思ったら、徐々に価格やページ数あたりの単価などの条件を良くしていきましょう。

ランサーズ上でも時給2000円〜3000円程度であれば十分に目指せる範囲だと思います。

実績と経験を十分に積んだら、好条件のフリーランス向け案件紹介サイトにも手を出す

ランサーズはそうはいっても、やはり一般の本格的なWeb制作案件に比べると条件が悪く、買い手市場となってしまい、価格競争が激しいです。

その他のWebデザイナー向けのフリーランスエージェントサービスや、以下記事で紹介するような、高収入が狙えるクラウドソーシングサイトにもトライしてみるのが良いでしょう。

案件紹介の可能性があるスクールでWebデザインを学ぶという手も

もっと効率的に学習を進めたい、案件を獲得できる可能性をアップさせたい!という方におすすめなのが、案件紹介の可能性のあるスクールでWebデザインを学ぶ方法です。

以下で紹介するスクールは、卒業生向けのWeb制作案件紹介ネットワークが完備されており、卒業後にスクール組織経由で案件獲得にチャレンジできます。

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

有名Web制作会社「LIG」が、専門スクールの「デジタルハリウッド」と運営するWebデザインスクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」は、未経験からフリーランスWebデザイナーとして活躍したい人にもおすすめのスクールです。

卒業生フリーランサー向けのお仕事マッチングシステム「xWORKS」も用意されており、卒業後も案件を獲得できるチャンスがあります。

教室所在地:東京(上野・池袋)

Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

デジハリオンラインスクール Webデザイナー講座 フリーランスプラン

デジハリオンラインスクールは、デジタルハリウッドのオンライン版スクールで、全国どこでもオンライン上で受講することが可能です。

Webデザイナー講座 フリーランスプランは、「未経験からWebデザイナーとしてフリーランスで活躍する」ことを目指す講座で、

卒業生フリーランサー向けのお仕事マッチングシステム「xWORKS」も用意されており、卒業後も案件を獲得できるチャンスがあります。

Webデザイナー講座 フリーランスプラン

Recommend

おすすめスクール(全国)

Code Campは全国で通学できるオンライン型のマンツーマンのプログラミングスクールです。「デザインマスターコース」というWebデザイナー・Webコーダーを目指すためのプランもあります。受講する方の中には、副業や在宅でのフリーランスWebデザイナーを目指している方も多くいます。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連する記事