Workship(ワークシップ)は副業にもおすすめ!リモートワークや柔軟な案件が豊富!

最終更新:2020.02.03

Workship(ワークシップ)とは?

デザイナーやエンジニア、マーケター、編集者、人事、広報など様々な職種のプロフェッショナルなフリーランスのための案件マッチングサイト「Workship(ワークシップ)」には、リモートワーク対応や、週1〜3日程度の稼働から参画可能な、柔軟で自由な働き方ができる案件が多数掲載されています。

Workshipサイトのスクリーンショット

画像引用元:Workship公式サイト

Workshipのターゲットユーザー

主なターゲットユーザーは腕に覚えのある優秀なフリーランス層で、案件の勤務地は首都圏を中心に大阪府や福岡県、愛知県などの案件も掲載されています。

自分のスキルに自信を持っている首都圏在住のフリーランスにぴったりのサービスです。

2018年11月にリリースされてから順調に会員数が増加しており、2019年12月に登録フリーランス会員が10,000人を突破しました。

オープン型のマッチングサービス

一般的なフリーランスエージェントサービスでは、非公開案件の紹介をエージェントから受けることが中心になりがちで、自分で興味のある案件を検索することが難しい仕様であることが多いです。

Workshipはフリーランスとクライアント企業をマッチングするオープン型サービスとなっており、サイト上で案件を自由に閲覧することが可能です。

Workshipは能動的に魅力を感じるクライアント企業を探していきたい…と思っている方におすすめのサービスです。

会員登録をしなくても公開されている案件が多くありますが、Workshipに会員登録&ログインすることで、多くの案件を閲覧・応募可能になるので、会員登録して利用するのがおすすめです。

Workship公式サイトはこちら

Workshipの掲載案件の特徴は?

2020年1月現在、約360件の案件がログイン時に閲覧可能となっています。

Workshipの運営会社GIGは2019年4月に2億円の資金調達をしており、立ち上げ・成長期にあるサービスであるため、今後も案件が急速に増えていく可能性が高いサービスです。

好条件の募集が多数!

案件の条件としては、案件ごとの最低時給が2000円〜4000円に設定されていることが多く、まとまった定期収入が確保できます。

クライアント企業との交渉・フリーランサーの能力次第では更に好条件の契約も可能です。

56%がリモート可能案件(2020年1月現在)

Workshipの募集案件の56%・半数以上がリモート勤務OKの募集となっており、在宅や近所のコワーキングスペース、自分のお気に入りの場所・地域から先進企業へ参画することができます。

選べる自由な特徴

Workshipは柔軟で自由な働き方ができることが特徴のサービスです。

  • 1日数時間の参画でOK
  • 週1日の参画でOK
  • 来週月曜からOK
  • トライアル採用を目的とした募集
  • 副業にありがたい土日稼働OK
  • 企業・事業の新規立ち上げフェーズの案件
  • 報酬の前払いOK

といったユニークな特徴を持つ案件が掲載されています。

非公開案件の紹介も受けられる

また、Workship運営会社のGIGは、姉妹サービスとして非公開案件の紹介が特徴のWorkship AGENT(W-AGENT)も運営しており、エージェントから案件の推薦を受けたい方の需要にも対応しています。

Workship AGENT公式サイトのスクリーンショット

画像引用元:Workship AGENT

Workship AGENTの公式サイト

Workship AGENT(W-AGENT)については、以下の記事でも紹介しています。

Workshipの主な募集職種

Workshipの主な募集職種は、

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • iOS/Androidアプリエンジニア
  • データサイエンティスト
  • プロジェクトマネージャー
  • プランナー・ディレクター
  • デザイナー

その他に、マーケティング、編集/ライター、セールス、人事や広報、顧問などの様々なプロフェッショナル職種の募集が掲載されています。

2020年現在、募集案件の約45%がエンジニア系の案件となっており、その他の職種の募集も増加中です。

主な利用企業

Workshipの主な利用企業は、

  • mixi
  • kakaku.com
  • 朝日新聞社
  • Akatsuki
  • MONSTAR LAB

などの大手・有名ベンチャー企業を始め、新進気鋭のスタートアップ企業まで幅広い企業が利用しています。

Workship公式サイトはこちら

マージンゼロ!Workshipは金銭面でお得な制度が多数

Workshipは直接契約だからマージンゼロ!

一般的な案件紹介エージェントを利用すると、継続して働けば働くほど、10%〜30%程度の一定のマージンを取られてしまうのが難点です。

Workshipは企業との直接契約だからマージンがゼロとなっており、長期にわたって働いたとしても、損をしづらい仕組みになっています。

加えて1万円のお祝い金を案件成約時に受け取ることができ、フリーランスにとって得なことしか無いサービスとなっています。

案件成約でお祝い金1万円を贈呈

Workshipを利用して、案件が決まった場合に、1万円のお祝い金を受け取れる、フリーランスを応援する制度もあり、大変好評です。

営業コストの時給分や、新しい案件を始める際に準備する備品・ソフトウェアなどの購入、面談の交通費などに充当でき助かる制度です。

一部案件では報酬前払いに対応

Workship上で「前払い可能」タグ付きの募集で案件が成約すると、Workshipに請求書を送ることで、報酬の前払いの申請が可能です。

一定の「前払い利用料」がかかりますが、ピンチにもチャンスにもありがたい制度です。

Workship公式サイトはこちら

Workship(ワークシップ)を活用して柔軟で自由な働き方を実現

Workshipで掲載されている案件のうち56%がリモート勤務に対応しています。

週1日〜週3日稼働といった勤務形態の案件も取り扱っており、土日勤務に対応している案件もあるなど、副業での参画にもおすすめのマッチングサイトです。

主なターゲットユーザーは腕に覚えのある優秀なフリーランス層です。

クライアント企業は首都圏中心で、クライアント企業との直接面談や定期的な会議などが必要となってくるため、自分のスキルに自信を持っている首都圏在住のフリーランスにおすすめのサービスです。

2018年11月にリリースされてから順調に会員数が増加しており、2019年12月に登録フリーランス会員が10,000人を突破しました。

案件の条件としては、案件ごとの最低時給が2000円〜4000円に設定されていることが多く、まとまった定期収入が確保できます。

クライアント企業との交渉・フリーランサーの能力次第では更に好条件の契約も可能です。

Workship公式サイトはこちら

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連する記事